「ほっ」と。キャンペーン

タグ:建築 ( 4 ) タグの人気記事


2006年 09月 17日

Ground Zero

Nine Eleventhがあってからもう5年経つのですね。
映画の中のワンシーンのように崩れ落ちる高層ビルをよく覚えています。

WTCがあった場所に今から何ができるかご存知ですか?

跡地には数千もの再開発案がプロポーズされたそうです。
その中から選ばれたのは、なんと、「WTCより高い建物」。
『テロには屈しない』という強いメッセージの表れですね。

なんとなく分からないでもないけれど、
でもそういういかにもアメリカ人的な考え方にはちょっと抵抗があります。
強いアメリカばかりを誇示したがる、そんな鼻持ちならない感じがするのです。

でもそれは間違っていました。

ついさっきNHK-BSでやっていたGround Zero跡地の
再開発のドキュメンタリー番組を見たのです。

コンペで優勝した建築家の案は、ただ高い建物を作るだけではありませんでした。

2つのタワーが建っていた、まさにその場所、つまり2つの正方形の部分には
水をたたえた池を作り、その水が四方から地下に滝のように流れていく。
その地下のフロアの黒い石版には犠牲者の名前が刻まれ、訪れる人々は、
流れ落ちる水の壁をバックにしたその名前を見ることができる。

ちゃんと犠牲者のレクイエムも考えたつくりになっていました。

そうか、それだったらまあいいかもな、と少し考えが変わりました。

でも、それは甘かった。

その案に反対している遺族の声が紹介されていたのです。
「息子が倒れたこの場所にコンクリートを流し込むとは何事か」と。

・・・ぐさっときました。

結局、再開発をどうするのか?新しくどういうものを作るのか?
これを決めたのは開発公社のお偉いさんたちなんですね。
遺族の声はほとんど反映されていないのですね。

当事者にしか分からない、形容しがたい心の痛み。

今日は久しぶりにいいTV番組を見ました。

f0087481_1501621.jpg

[PR]

by R_bridge | 2006-09-17 01:50
2006年 08月 30日

TITLE

文藝春秋社のTITLEという名前の雑誌の今月号(10月号)は
「憧れの列車でめぐる世界の鉄道旅行」がフィーチャリングされてます。

確かに魅力的ですよね、鉄道で巡る旅。

何を隠そう、TV番組「世界の車窓から」のファンであります。

で、その中の記事に、
「世界の名駅 巡礼の旅に出発」というのがあって、
77ページにはあのLyon-Sanit-Exupery TGVが載ってます。

その写真を撮ったのが尊敬するプロカメラマンの吉田パンダさん。
(ブログはこちら

嬉しいことに、掲載されている写真と同じアングルのものを私も撮ってました。

f0087481_2311180.jpg


(そのほかの写真と旅行記などはよろしければ当時のブログから

プ、プロと同じ目線だ!

まあ私の場合、恐ろしいほどの数の写真を撮っているので、
たまたまその1枚がそうだったというのに過ぎませんが。それに縦横も違うか。
あまりにバシバシ撮っていたので、しまいには駅員さん(?)に
ノン!と注意されてしまいましたっけ・・・
[PR]

by R_bridge | 2006-08-30 22:57
2006年 08月 22日

ISAM NOGUCHI 2

イサム・ノグチの遺作、モエレ沼公園の続きです。

公園内で一番見たかったものがこれです。

f0087481_232547.jpg


ほらほらあの頂点の下に立ったら、
なにか不思議なパワーを感じることができそうじゃないですか。

実際にこんなふうにしてる人もいましたし。

f0087481_233261.jpg


私も直下に立ってみたのですが、
どうも精神がよどんでいるらしく、何も感じませんでした。
座禅でも組んでじっとしてれば、ひょっとしたら何か・・・

でもそんな時間もなく、ぱちぱち写真を撮っただけで
このテトラマウンドを後にしました。
もっとのんびりとぼーっとしていたかったんですけどね。
こんな家族みたいに。

f0087481_2355195.jpg


ところで9月18日まで滋賀県立大津美術館でイサム・ノグチ展をやってます。
はやくいかないと。エナジーヴォイドはあるのかな・・・?

http://www.biwa.ne.jp/~sg-kinbi/exhibition/exhibition_now.html
[PR]

by R_bridge | 2006-08-22 23:06
2006年 08月 20日

ISAM NOGUCHI

学生時代にはなかった素晴らしい公園が
札幌にできてきました。
ずっと前から行ってみたかったところです。

それはモエレ沼公園。
設計したのは彫刻家であるこの方。

f0087481_21381613.jpg


(余計なもんが写ってしまった・・)

雑誌で特集記事を見てその存在を知ってから
なにか惹かれるものがあって、近くの万博公園に作品を見に行ったりしました。

こういった造形のライトは今ではそれほど珍しくありませんが、
もともとは「AKARI」シリーズとして彼が作ったものです。

f0087481_21432294.jpg


作品の一部は公園内にあるガラスのピラミッドの中に展示されています。
(こう撮るとルーブルみたいですが完全にピラミッド型というわけではありません)

f0087481_21492240.jpg


f0087481_21503215.jpg


実に美しくかつ機能的で工業的(大量生産可能)である有名な
ガラスのテーブルが3,4つ置いてあってしかもその前に座ることも可能で感激。

さて、肝心の公園。とにかく広いです。

f0087481_2155238.jpg


円形のカラマツ林は気持ちのいい木陰を作り出してくれます。
ちょっと分かりにくいですが、寝っころがっている人が沢山いました。

子供たちのお目当ては水遊び。

f0087481_21573790.jpg


こんなふうに子供たちが遊べるような公園を目指していたんだそうです。
まさにその通りになってきっと彼も喜んでいるに違いありません。

f0087481_227589.jpg

[PR]

by R_bridge | 2006-08-20 21:56